ここが凄い!新亜光学工業株式会社の精密機械の秘密

新亜光学工業株式会社を知るために特許取得の流れを紹介

特許申請から認可までの流れとは?

光学製品のエキスパートとして国内外の企業から認知されている新亜光学工業株式会社は、特許取得に向けた作業も仕事の1つにしています。2014年と2015年に光量調整装置をはじめ、複数の取得実績があります。これは、カメラに入る光の量を調整して鮮明に画像を残せるための精密機械であり、カメラ系の部品には欠かせないものの1つです。写真撮影の際に明るさや絞りをするのには少なからずスキルは要りますが、カメラ撮影のスキルがない人でも簡単にできるのも1つの強みです。防犯カメラの撮影をする際に、都度絞り作業をすれば犯人に隙を与える原因となりかねません。自動調整すれば絞る手間が掛からないうえ、鮮明な画像を残しやすくなります。

特許取得までの道のりは長く、申請に向けた研究から始まり報告を受けるまでに時間を要します。申請が重なれば1年近くになるケースも想定されます。また、申請するだけで費用も10万円以上掛かります。それでも、特許を取得することでスキルを独占できるため、中長期的な視点では却って仕事をしやすくします。そのうえ、特許は1つのブランドとなるため、企業からの依頼が増えるのが期待できます。

なお、特許申請に向けた研究はスムーズにいかないことが少なくありません。実験をしても思うような成果が出ない時も想定されます。新亜光学工業株式会社の社員は、特許取得に向けて妥協をしないで仕事を進めるので信頼されています。時には部署を問わず社員同士で情報交換をしており、各種研究に活かしています。

新亜光学工業株式会社の特許取得実績について

複数の特許取得をしている新亜光学工業株式会社ですが、その流れは簡単ではありません。申請書類の作成もしますが、認可を受けるまでにも時間を要します。場合によっては認可を受けられないこともあります。各種流れを確認すれば、特許取得までの過程が大変なのを伺えます。

特許が自分の身を助けるうえ仕事をしやすくする

特許取得ができれば、仕事をするうえで他社にまねされないなどメリットは多いです。光学製品は日々他社でも開発されており、少しでも遅れが生じてしまえばマイナスとなりかねません。新亜光学工業株式会社は特許技術を活かして製品づくりをしており、品質の高い製品を届けています。

大変なことが多いがそれ以上に達成感も得られる

たとえ専門知識があっても、特許取得までにはかなりの時間と労力を要する作業です。時には開発をしても結果が出ない場合があります。新亜光学工業株式会社の社員は何事も妥協をしない仕事をしており、数多くの実績を得ることに繋がっています。また、モチベーションが高い状態で仕事をしている人が多いのも特徴です。