ここが凄い!新亜光学工業株式会社の精密機械の秘密

新亜光学工業株式会社を知るために特許取得の流れを紹介

新亜光学工業株式会社の特許取得実績について

特許出願までの過程

新亜光学工業株式会社は特許取得実績が複数あり、国内外の企業からも信頼を得ています。特許出願の流れを確認すれば、その難易度の高さが伺えます。

出願にあたり、願書と特許請求の範囲がわかる書類や図面など複数の書類提出が求められます。特許権は新たな発明を発表するためのものなので、先行技術の調査も1つの仕事となります。特許法上の発明は、自然法則の利用や技術的な思考のレベルが一定水準以上であることも必要です。そのうえで、産業で使用できるうえ新規性があることが、特許法上29条第1項に記されています。

アイデアや思い付きのレベルだと特許申請をしても却下されるので、少なからず理工学系のスキルは要ります。しかし、アイデアや思い付きを技術に繋げられる環境が、新亜光学工業株式会社にはあります。

出願から取得までの過程

特許出願をした後、書類の不備などが無ければ審査が始まります。審査完了までに、約9か月を要します。なお、特許取得の可否に関わらず出願後1年6か月経過した後に、特許情報を発信するプラットホームから出願の内容が公開されます。たとえ特許取得できなくても同業他社の企業が製造や開発の際に参考にするケースは多く、出願時にその対策を立てるのも欠かせません。他者によっては、それを参考にして新たな技術開発に繋げます。

特許の認可を受けて特許料を納付できれば特許権が発生をし、出願日から20年は存続が可能です。長期間研究や開発をした技術を使用できるので、大きなアドバンテージを得た状態となります。

新亜光学工業株式会社は光量調整装置など複数の特許取得をしており、国内外の企業から支持を得ている会社です。