ここが凄い!新亜光学工業株式会社の精密機械の秘密

新亜光学工業株式会社を知るために特許取得の流れを紹介

特許が自分の身を助けるうえ仕事をしやすくする

自分の身が護れる

特許取得をした後、他社がその技術を模倣するケースがあります。特許法100条の差止請求や民法709条の損害賠償請求の対象となり、何かしらのペナルティーが発生します。近年では情報化社会となり、国内外の企業がウェブから特許のプラットホームで確認を行い、情報収集ができる環境にあります。その対策が各種法律を通じて保護できるのは、心強さを得られるポイントです。


新亜光学工業株式会社の技術を参考にしたいという企業には、ライセンス料の徴取ができます。なお、使用料金は双方の交渉で決めることができます。

しかし、新亜光学工業株式会社は、自社だけで技術を使うことはしません。時には他社とも情報交換を行い、技術の発展において双方がwin-winになれる関係づくりを目指しています。

他者からの信頼を得やすい

特許の取得をすることで、1つのブランドを手に入れた状態となります。特許庁のホームページや特許プラットホームなどを通じて登録の可否は確認できるので、調べるのは可能です。特に技術系の企業であれば、何らかの形で目にする機会はあるでしょう。商品の依頼をしたり、時には共同開発の依頼を受けることができます。

特許取得は、難度の高い技術や研究を必要とします。それを、他社に証明できるため高い信用を得られます。また、技術の発展には費用が必要となりますが、金融機関からの融資を必要とする時など、審査が通りやすくなります。

新亜光学工業株式会社は、技術を高めるための妥協はしません。特許取得をしても、更なるスキルアップを目指している会社です。